メディカル

病院で改善する頭痛症状|原因を調べて根本的に解決しよう

頭が痛い場合の対処法

女の人

原因によって異なる対処法

頭が痛いときに人が採る選択肢には、大きく分けて3つあります。1つは市販の頭痛薬を飲むことです。薬局やドラッグストアにはさまざまな薬が売られており、誰でも手軽に購入して服用できます。軽度の頭痛なら市販薬で痛みが軽減できることもありますが、必ずしも効果を発揮するとは限りません。市販薬の効かないことが多いのは、それらの薬が頭痛のタイプに合っていないことが原因と考えられます。頭痛にはいくつかの種類があって、発症のメカニズムも異なります。それぞれの種類に応じた効力を発揮する薬は、医療機関を受診して医師に処方してもらわなければ服用できません。頭痛の際に選ぶ2つ目の選択肢は、痛みを我慢することです。痛みの比較的軽い緊張型頭痛の場合、我慢して仕事を続けることも少なくありません。激痛を伴う片頭痛のケースは、起きていられず横になって嵐が過ぎ去るのをひたすら待つということも多いものです。3つ目の選択肢として内科などの医療機関を受診することも挙げられますが、頭が痛いだけで病院へ行く人は決して多くありません。発熱や嘔吐、倦怠感など、他に放置できないような症状が伴って初めて病院を頼る例が多いのです。どうしても病院へ行けない状況のときの応急措置もあります。片頭痛の場合は患部を冷やすと痛みが軽減され、緊張型頭痛は逆に暖めると痛みが和らぐという傾向を覚えておくといいでしょう。

最新医療の魅力

事情が許すならば、頭痛を治療するのに最も効果が期待できる方法とは、病院へ行くことに他なりません。内科や脳神経外科の医師は頭痛に関する高度な知識を持っています。数多くの患者を診察してきたことによる豊富な経験も物を言います。検査機など最新の医療機器を駆使した正確な診断によって、症状改善のための最適な治療法が選択されるのです。市販薬がなかなか効かず、長年にわたってしつこい痛みに悩まれてきた患者が病院へ行った途端に頭痛から解放された例もあります。処方箋による薬の効力もさることながら、医師の適切な診察と指導による治療効果も見逃せません。処方薬を飲んで一時的に痛みが収まった例でも、しばらくして再び頭痛が発生する場合も残念ながらあります。そのようなケースでもたいていの患者は再診し、同じ医師に相談しています。時間をかけて治療を続けていけば、やがて頭痛の起きにくい体質へと改善していくことも決して不可能ではありません。病院と聞けば尻ごみをしがちですが、頭痛から解放されて健康的な生活を取り戻すことが何よりも大切です。内科や脳神経外科などの病院は、そのために患者を全力でサポートしているのです。